Cinema Wave IIDA

映画好きのコミュニティを活かした、映画・人との出逢い。飯田下伊那の新たなシーンを演出します。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2014.11.05 Wednesday

11月15日ミュージアムシネマサロン「ルートヴィヒ」上映

11月15日(土)ミュージアムシネマサロンの予約が開始されました。

*********

※期日が変更されています。ご注意ください。

--------------

11月15日(土)
ミュージアム・シネマ・サロン
「ルートヴィヒ<復元完全版>」
(1972年/仏=伊=西独/240分/カラー)
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:ヘルムート・バーガー/ロミー・シュナイダー....他

完全予約制(予約受付:11月14日(金)午後5時まで)

資料代:300円(不要な方は予約時にお申し出ください)
※イイダウエーブ会員は資料代はいりません

問い合わせ&予約受付:イイダウエーブ事務局 電話0265-21-1212

--------------
[会場]
川本喜八郎人形美術館2階映像ホール

[タイムスケジュール]

開場:午後5時
開演:午後5時20分
上映開始:午後5時30分
(途中休憩15分)
上映終了:午後9時45分
--------------

[解説]
巨匠ルキノ・ヴィスコンティによる、
第4代バイエルン国王ルートヴィヒ2世の即位から死までを描く歴史大作。

真冬のそれも深夜に撮影が連日行われたため、
ヴィスコンティは倒れ、半身不随となるものの、リハビリを行い、
奇跡の復活をして完成させた入魂の一作。

完成時、「長すぎる」という配給会社からの要望で3時間の作品となった。
今回は、ヴィスコンティの意図に基づいた復元完全版を上映。

--------------


 

2014.10.15 Wednesday

土井弘介トークショー2014.10.10報告

10月10日(金)午後6時30分より川本喜八郎人形美術館2階映像ホールで行われたミュージアム・シネマ・サロン スペシャルイベント「土井弘介トークショー」が満席に近いおよそ50名の参加者のもと行われました。

期待通り、逸話が次々と飛び出す土井さんのお話は、ユーモアに富んだとても楽しく素晴らしい一時をもたらしてくれました。

サプライズとして、ヘルムート・ニュートン作品にモデルとして参加している土井さんの半裸姿やニューヨークでの結婚式の写真など、いろいろな意味で貴重なトークショーになりました。


2014.10.06 Monday

10月10日(金)ミュージアム・シネマ・サロン:スペシャルイベント&土井弘介写真展

<キング堂ギャラリー10月>
写真家 土井弘介の世界(写真展)
1)華
2)NYCセレブの肖像
〜ダリ、ウォーホル、ジョアン・ジルベルトを撮った男〜

根羽在住の写真家土井弘介は、1970年代、ニューヨークのアートシーンの真っただ中にいた。彼のカメラに収まったのは、ダリ、ウォーホル、ジョアン・ジルベルト、マドンナ、ビル・エバンス..etc。土井は、一人の人間として彼らに接し、写真は土井と被写体との飾り気のない関係を写しだしている。
一方、日本に戻ってきてから取り組んでいるテーマの写真も展示し、現在までの足跡を作品とともにたどる。

期間:10月10日(金)〜10月26日(日)
時間:午前10時〜午後6時
会場:キング堂ギャラリー(2F)
主催:市民団体イイダウエーブ
入場無料

**********************
オープニングトーク&映画鑑賞会:写真家 土井弘介さんに聞く
期日:10月10日(金)
会場:川本喜八郎人形美術館2階映像ホール

<対 談>
語り手:土井弘介(写真家)
聞き手:神藤光裕(イイダウエーブ シネマ・ウエーブ プロデューサー)
開  場      :6時10分
トークショー開始時間:6時30分
休  憩      :7時45分

<ミュージアム・シネマ・サロン>
上映作品「黒いオルフェ」(監督:マルセル・カミュ/1959年/ブラジル=フランス=イタリア合作/107分)
上映開始:8時
上映終了:9時47分

完全予約制(予約受付開始:9月29日月曜日)
資料代:300円(不要な方は予約時にお申し出ください)
※イイダウエーブ会員は資料代はいりません
問い合わせ&予約受付:イイダウエーブ事務局 電話0265-21-1212


2014.09.04 Thursday

9/12『大地のうた』ミュージアムシネマサロン

物語:
インドの片田舎に暮らす3人暮らしの一家に男の子が生まれる。名前はオプー。一家は貧しさに苦しみながら暮らしてゆくのだが...。

----------------------------------
【映画鑑賞会詳細】

9月12日(金)
ミュージアム・シネマ・サロン
『大地のうた』
(1956年/インド/モノクロ/125分)。完全予約制。

監督: サタジット・レイ
原作: ビブーティブーシャン・バンドパタヤ
脚本: サタジット・レイ
撮影: シャプロト・ミットロ
音楽: ラヴィ・シャンカール
出演: シャビル・パナージ/ウマ・ダシュクブタ/カヌ・パナージ..他

会場:飯田市川本喜八郎人形美術館(飯田市本町1)

時 間:午後7時   開場
    午後7時20分 映画『大地のうた』上映<DVDディスク上映>
    午後9時35分 終了

主催:市民団体イイダウエーブ/飯田市川本喜八郎人形美術館

完全予約制<資料代:300円 *不要な方は予約時にお申し出ください *イイダウエーブ会員は資料代は不要です>

〜鑑賞には予約が必要です:予約受付窓口TEL:0265-21-1212(イイダウエーブ事務局<飯田まちづくりカンパニー内>)〜

※川本喜八郎人形美術館では予約の受付をしておりません

予約受付期間:9月12日(金)午後3時まで

2014.07.15 Tuesday

7/19 第10回飯田の丘のまちで日本の名作映画を鑑賞する会開催

7月19日は第10回飯田の丘のまちで日本の名作映画を鑑賞する会です。
ぜひご参加ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第10回飯田の丘のまちで日本の名作映画を鑑賞する会
〜昭和の歌謡映画特集〜

主催:飯田の丘のまちで日本の名作映画を鑑賞する会実行委員会/飯田市公民館
協力:イイダウエーブ

期日:2014年7月19日(土)
開場:午前11時(30分前のご来場でも十分な席はございます)
開演:午後1時
会場:飯田市公民館大ホール
料金:一般=500円
   イイダウエーブ会員=無料(同封の無料チケットをご使用の場合)

《休憩時間に地場のお菓子販売&地酒の試飲あり》

ホームページ:http://www5.ocn.ne.jp/~mits/oka/index.html

1)
『ジャンケン娘』

(1955年/東宝/カラー/ 92分)
午後1時10分上映

[出演]
美空ひばり
江利チエミ
雪村いづみ


2)
『大学の若大将』

(1961年 /東宝/カラー/82分)

午後3時15分上映
(午後4時40分終了)

[出演]
加山雄三
星由里子
団令子


※このイベントは[平成26年度優秀映画鑑賞推進事業(主催:文化庁/東京国立近代博物館フィルムセンター)]に準じています


 

2014.06.03 Tuesday

6月13日(金)『修道女』ミュージアムシネマサロン

***[情報]******************

<フランスで上映禁止処分を受けた問題作>

来たる6月13日(金)、市民団体イイダウエーブと飯田市川本喜八郎人形美術館が主催する映画鑑賞会ミュージアム・シネマ・サロンの2014年度の第3回が、川本喜八郎人形美術館2階映像ホールで午後7時より開催される。上映作品はジャック・リヴェット監督 アンナ・カリーナ主演の『修道女』(1966年/フランス/カラー/140分)。完全予約制。

映画『修道女』は、ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督ジャック・リヴェットと、同じくヌーヴェル・ヴァーグになくてはならない女優アンナ・カリーナの代表作の1本であるにもかかわず、その処遇は恵まれていませんでした。芸術の国フランスであっても1960年代には宗教的なタブーがあり、『修道女』は運悪く宗教的政治的な保身のための生け贄にされてしまいました。

脚本の段階で目をつけられ、完成する以前に上映禁止処分をフランス政府から受けています。映画監督ゴダールたち友人たちの政府への抗議にもかかわらず、上映は限定された形しか許されませんでした。長い裁判の末、作品の検閲の無効が最終的に下されたのは、1975年です。

さて、映画は、手持ちカメラやアドリブの演技を特徴とするヌーヴェル・ヴァーグ映画とは一線を画する重厚な作品となっています。この映画に際して、リヴェットが目標とした作品は溝口健二監督『西鶴一代女』(1952)。ヌーヴェル・ヴァーグの映画監督達の溝口健二への傾倒はきわめて強いものでしたが、その一端がこの作品で見ることができます。

18世紀を描きながら、アンナ・カリーナという現代的な女優を得たためにこの作品は、極めて新しい感覚の映画に仕上がっています。

リヴェットは『美しき諍い女』(1991)で全世界的に一般大衆に知られることになりますが、この『修道女』が製作した当時正当な評価を受けていれば、彼の映画監督としての活動がずっと好転していたかもしれません。

----------------------------------


物語:
18世紀。貴族の娘シュザンヌ・シモナンは、その美貌にもかかわらず、父親に疎まれ修道院へ追いやられる。そこでは数々の試練が待ち構えていた...。

----------------------------------
【映画鑑賞会詳細】

6月13日(金)
ミュージアム・シネマ・サロン
『修道女』
(1966年/フランス/カラー/140分)。完全予約制。

監督: ジャック・リヴェット
製作: ジョルジュ・ドゥ・ボールガール
原作: ドニ・ディドロ
脚本: ジャック・リヴェット/ジャン・グリュオー
撮影: アラン・ルヴァン
音楽: ジャン=クロード・エロワ
出演: アンナ・カリーナ/リゼロッテ・プルファー/フランシーヌ・ベルジェ..他


会場:飯田市川本喜八郎人形美術館(飯田市本町1)

時 間:午後6時40分 開場
午後7時 映画『修道女』上映<BRディスク上映>
午後9時40分 終了

完全予約制<資料代:300円 *不要な方は予約時にお申し出ください *イイダウエーブ会員は資料代は不要です>

〜鑑賞には予約が必要です:予約受付窓口TEL:0265-21-1212(イイダウエーブ事務局<飯田まちづくりカンパニー内>)〜
※川本喜八郎人形美術館では予約の受付をしておりません

予約受付期間:6月13日(金)午後3時まで

--------------------------
 

2014.05.02 Friday

CinemaWave☆5/9『大いなる幻影』ミュージアムシネマサロン予約受付開始

5月9日(金)ミュージアムシネマサロン予約受付開始しました。

***[情報]******************

<ジャン・ギャバン特集 その2  戦争と人間の本質を抉る永遠の名作『大いなる幻影』>

来たる5月9日(金)、市民団体イイダウエーブと飯田市川本喜八郎人形美術館が主催する映画鑑賞会ミュージアム・シネマ・サロンの2014年度の第2回が、川本喜八郎人形美術館2階映像ホールで午後7時20分より開催される。上映作品はジャン・ルノワール監督 ジャン・ギャバン主演の『大いなる幻影』(1937年/フランス/モノクロ/114分)。完全予約制。

戦前戦後を通してフランスを代表する俳優であったジャン・ギャバン(1904-1976)。大スターでもあった彼の出演作を上映する特集の第2弾。

それまでのヨーロッパ社会秩序を根底から覆した第一次世界大戦。それは人類が経験したことがない大量の殺戮が近代兵器によって行われた戦争であった。この戦争に飛行士と従軍し、負傷した経験もあるジャン・ルノワール監督が、人間社会の本質を抉り、恒久平和を求めて製作した作品が『大いなる幻影』である。

この作品が公開されると、世界的な反響があり、アメリカ合衆国ルーズベルト大統領はこの映画のヴィジョンに全面的に賛同し、ドイツのヒトラー政権は完全に否定した。ルノワールはこの映画を作ったために、フランスがナチスドイツに占領された時、アメリカ合衆国への亡命を余儀なくされたのであった。

----------------------------------


物語:
第一次世界大戦時のドイツ軍捕虜収容所、ここにフランス空軍のマレシャル中尉とホワルデュー大尉が収容される。ほどなくして、脱獄計画が持ち上がるのだが...。

----------------------------------
【映画鑑賞会詳細】

5月9日(金)
ミュージアム・シネマ・サロン
『大いなる幻影』
(1937年/フランス/モノクロ/114分)。完全予約制。

監督:ジャン・ルノワール
脚本:ジャン・ルノワール/シャルル・スパーク
撮影:クリスチャン・マトラ
音楽:ジョセフ・コズマ
助監督:ジャック・ベッケル

出演:
ジャン・ギャバン
ピエール・フレネー
エリッヒ・フォン・シュトロハイム...他

会場:飯田市川本喜八郎人形美術館(飯田市本町1)

時 間:午後7時 開場
午後7時20分 映画『大いなる幻影』上映<BRディスク上映>
午後9時25分 終了

完全予約制<資料代:300円 *不要な方は予約時にお申し出ください *イイダウエーブ会員は資料代は不要です>

〜鑑賞には予約が必要です:予約受付窓口TEL:0265-21-1212(イイダウエーブ事務局<飯田まちづくりカンパニー内>)〜
※川本喜八郎人形美術館では予約の受付をしておりません

予約受付期間:5月9日(金)午後3時まで
--------------------------

 

2014.03.05 Wednesday

3月14日ミュージアムシネマサロン『恐怖の報酬』

3月14日(金)ミュージアムシネマサロン予約受付を開始しました。

***[情報]******************
来たる3月14日(金)、市民団体イイダウエーブと飯田市川本喜八郎人形美術館が主催する映画鑑賞会ミュージアム・シネマ・サロンの2013年度の第9回が、川本喜八郎人形美術館2階映像ホールで午後7時20分より開催される。上映作品はアンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督の『恐怖の報酬』(1953年/モノクロ/148分)。完全予約制。

第二次世界大戦後のフランス映画界で最も注目を集めていた監督がアンリ・ジョルジュ・クルーゾーです。彼は、『犯罪河岸』(1947)、『情婦マノン』(1948)で2年立て続けにヴェネチア国際映画祭で監督賞とグランプリを獲得しています。この彼の人生で最も勢いがある時期に満を持して発表した作品が今回上映する『恐怖の報酬』(1953)です。この映画では、ニトログリセリンを満載したトラックで悪路500kmを進むという、無謀な賭けにでた男達を描いています。手に汗握るハラハラドキドキの映画に仕上がっていますが、重要なのはそうしたサスペンスの背景にしっかりとした人間ドラマを作り上げていることでしょう。細部までこだわった演出はまさに映画の醍醐味を味わせてくれます。この映画でクルーゾー監督はカンヌ国際映画祭とヴェネチア国際映画祭でグランプリをダブル受賞するという快挙を成し遂げています。

物語:
500km先の油井で起こった大火災を消すため、4人の男達がニトログリセリンの満載のトラック2台で悪路を進む。そこには想像を絶する難関が待ち構えていた。

----------------------------------
監督:アンリ・ジョルジュ・クルーゾー
脚本:アンリ・ジョルジュ・クルーゾー
撮影:アルマン・ティラール
音楽:ジョルジュ・オーリック

出演:イブ・モンタン
シャルル・バネル
ペーター・ファン・アイク
フォルコ・ルリ
ヴェラ・クルーゾー
----------------------------------
【映画鑑賞会詳細】

3月14日(金)
ミュージアム・シネマ・サロン
『恐怖の報酬』
(1953年/モノクロ/148分)。完全予約制。

会場:飯田市川本喜八郎人形美術館(飯田市本町1)

時 間:午後7時 開場
午後7時20分 映画『恐怖の報酬』上映<DVDディスク上映>
午後9時50分 終了

完全予約制<資料代:300円 *不要な方は予約時にお申し出ください *イイダウエーブ会員は資料代は不要です>

〜鑑賞には予約が必要です:予約受付窓口TEL:0265-21-1212(イイダウエーブ事務局)〜

※川本喜八郎人形美術館では予約の受付をしておりません


予約受付期間:3月14日(金)午後3時まで
 

2013.12.28 Saturday

1月10日(金)ミュージアム・シネマ・サロン『明日を夢見て』

2014年1月10日(金)
ミュージアム・シネマ・サロン
『明日を夢見て』
(1995年・カラー・イタリア・114分)

会場:飯田市川本喜八郎人形美術館(飯田市本町1)

時 間:午後7時 開場
    午後7時20分 映画『明日を夢見て』上映<DVDディスク上映>
    午後9時25分 終了

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
原案:ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ・ファビオ・リナウド
撮影:ダンテ・スビノッティ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:セルジオ・カステリット/ティツィアーナ・ロダト/スランコ・スカルダティ..他

物語:1953年、シチリア島の田舎町に、スターの卵を発掘するエージェントであるジョーがやってくる。彼は、街の広場でカメラテストを始める。人々は映画スターを夢見て彼の元に押し寄せてくるのだが...。

解説:『明日を夢見て』は『ニュー・シネマ・パラダイス』の監督ジュゼッペ・トルナトーレの作品。シチリアとそこに暮らす人々の実像を描いています。トルナトーレの演出は、彼が生まれ育った1950年代の故郷を再現し、記録しようとしているかのようです。

完全予約制<資料代:300円 *不要な方は予約時にお申し出ください *イイダウエーブ会員は資料代は不要です>

〜鑑賞には予約が必要です:予約受付窓口TEL:0265-21-1212(イイダウエーブ事務局)〜
※川本喜八郎人形美術館では予約の受付をしておりません

予約受付期間:1月10日(金)午後3時まで

2013.11.24 Sunday

11月29日(金)ミュージアム・シネマ・サロン 映画『六つの心』

【11月29日(金)ミュージアム・シネマ・サロン 映画『六つの心』】

今年最後のミュージアム・シネマ・サロンが11月29日(金)に午後7時20分より川本喜八郎人形美術館2階映像ホールで行われます。

上映作品はアラン・レネ監督『六つの心』(2006・フランス)。レネの長編デビュー作は『二十四時間の情事』(1959)。それから五十数年、レネは九十歳の現在でも精力的に新作を発表し続ける名匠です。そんな彼の近作をミュージアム・シネマ・サロンで上映できる運びとなりました。

『六つの心』は、雪降るパリで交差する六人の男女の物語。それぞれの人生が雪に覆われたパリの街で微妙に関連しあいながら進みます。やさしくて、でもちょっぴり痛い、時に残酷な心のふれあい・・・そんな大人の物語です。観る側の大人度が測れる作品かもしれません。

完全予約制。お越しの方は事務局までご一報ください。

-------

《恒例!ワイン一杯サービス》
11月最後の鑑賞会には、恒例の「ワイン一杯サービス」があります。
“ノムリエ浜ちゃん”ことオーガナイザー浜島晃が『六つの心』にマッチしたワインをご提供します。
なお、ワインのご提供は先着順となります。
(運転をされる方、未成年者の方はご遠慮ください)


-------

11月29日(金)
ミュージアム・シネマ・サロン
『六つの心』
(2006年・カラー・126分・フランス)

会場:飯田市川本喜八郎人形美術館(飯田市本町1)

時 間:午後6時50分 開場 ※ワイン一杯サービス有り
    午後7時20分 映画『六つの心』上映<DVDディスク上映>
    午後9時35分 終了

監督:アラン・レネ
原作:アラン・エイクボーン
脚本:ジャン=ミッシェル・リブ
撮影:エリック・ゴーティエ
音楽:マーク・スノウ
出演:サビーヌ・アゼマ/アンドレ・デュソリエ/ピエール・アルディティ/ランベール・ウィルソン..他
内容:雪降るパリに暮らす六人の4日間の物語。

完全予約制<資料代:300円 *不要な方は予約時にお申し出ください *イイダウエーブ会員は資料代は不要です>

〜鑑賞には予約が必要です:予約受付窓口TEL:0265-21-1212(イイダウエーブ事務局)〜
※川本喜八郎人形美術館では予約の受付をしておりません

予約受付期間:11月18日(月)から11月29日(金)午後3時まで

▲top