Cinema Wave IIDA

映画好きのコミュニティを活かした、映画・人との出逢い。飯田下伊那の新たなシーンを演出します。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 1/9「ヒズ・ガール・フライデー」予約開始 ミュージアムシネマサロン | TOP | 9月11日(金)ミュージアム・シネマ・サロン 上映作品『オルフェ』 >>

2015.02.09 Monday

2/13「ウィークエンド」予約開始 ミュージアムシネマサロン

2月13日(金)ミュージアムシネマサロンの予約を開始します。

*******************************

[解説]
市民団体イイダウエーブと川本喜八郎人形美術館が主催する映画鑑賞会ミュージアム・シネマ・サロンでは、
来たる2月13日(金)にフランスの巨匠ジャン=リュック・ゴダール『ウィークエンド』を上映する。

毎年、2月のミュージアム・シネマ・サロンは、普通ではまず鑑賞することない知る人ぞ知る秀作を上映している。

『ウィークエンド』は、当時絶頂期であった女優ミレーユ・ダルクの希望により企画された作品であったが、ゴダールはスター映画ではなく自分の映画を作った。それは翌年から始まるゴダールのいうところの“政治的に映画をつくる”前哨戦であったのかもしれない。

いつものようにゴダールの研ぎ澄まされた映像と音の処理は秀逸で、彼の映画でしか味わう事のできない刺激的な感覚を与えてくれる。だが、そこにはそれまであったゴダール映画のポップでおしゃれな印象はなく、どこかギスギスした居心地の悪いものにかわっている。

ゴダールはこの映画のあと、パリの5月革命を経るかたちで、商業映画界から離れ、プロパガンダ風の作品を1978年まで製作することになった。そんな時代の前触れを感じさせる凍りついた湖のような作品である。

--------------

2月13日(金)ミュージアム・シネマ・サロン
上映作品『ウィークエンド』
(1967年/フランス・イタリア/104分/カラー)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
撮影:ラウル・クタール
音楽:アントワーヌ・デュアメル
出演:ミレーユ・ダルク/ジャン・ヤンヌ…他


完全予約制(予約受付:2月2日(月)より2月13日(金)午後3時まで)
資料代:300円(不要な方は予約時にお申し出ください)
※イイダウエーブ会員は資料代はいりません
問い合わせ&予約受付:イイダウエーブ事務局 電話0265-21-1212

--------------
[会場]
川本喜八郎人形美術館2階映像ホール
[タイムスケジュール]
開場:午後7時
開演:午後7時20分
上映開始:午後7時30分
上映終了:午後9時15分
--------------
あらすじ:
ブルジョアの夫婦ロランとコリンヌは遺産相続を解決すべくコリンヌの両親の元へ向かう。しかし、二人は道中に白日夢というべき事態に次々と遭遇する…。
--------------
主催:川本喜八郎人形美術館&市民団体イイダウエーブ
※ブルーレイディスクでの上映となります

--------------------------
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://cinema.iidawave.org/trackback/76

トラックバック

▲top