Cinema Wave IIDA

映画好きのコミュニティを活かした、映画・人との出逢い。飯田下伊那の新たなシーンを演出します。

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 3月14日ミュージアムシネマサロン『恐怖の報酬』 | TOP | 6月13日(金)『修道女』ミュージアムシネマサロン >>

2014.05.02 Friday

CinemaWave☆5/9『大いなる幻影』ミュージアムシネマサロン予約受付開始

5月9日(金)ミュージアムシネマサロン予約受付開始しました。

***[情報]******************

<ジャン・ギャバン特集 その2  戦争と人間の本質を抉る永遠の名作『大いなる幻影』>

来たる5月9日(金)、市民団体イイダウエーブと飯田市川本喜八郎人形美術館が主催する映画鑑賞会ミュージアム・シネマ・サロンの2014年度の第2回が、川本喜八郎人形美術館2階映像ホールで午後7時20分より開催される。上映作品はジャン・ルノワール監督 ジャン・ギャバン主演の『大いなる幻影』(1937年/フランス/モノクロ/114分)。完全予約制。

戦前戦後を通してフランスを代表する俳優であったジャン・ギャバン(1904-1976)。大スターでもあった彼の出演作を上映する特集の第2弾。

それまでのヨーロッパ社会秩序を根底から覆した第一次世界大戦。それは人類が経験したことがない大量の殺戮が近代兵器によって行われた戦争であった。この戦争に飛行士と従軍し、負傷した経験もあるジャン・ルノワール監督が、人間社会の本質を抉り、恒久平和を求めて製作した作品が『大いなる幻影』である。

この作品が公開されると、世界的な反響があり、アメリカ合衆国ルーズベルト大統領はこの映画のヴィジョンに全面的に賛同し、ドイツのヒトラー政権は完全に否定した。ルノワールはこの映画を作ったために、フランスがナチスドイツに占領された時、アメリカ合衆国への亡命を余儀なくされたのであった。

----------------------------------


物語:
第一次世界大戦時のドイツ軍捕虜収容所、ここにフランス空軍のマレシャル中尉とホワルデュー大尉が収容される。ほどなくして、脱獄計画が持ち上がるのだが...。

----------------------------------
【映画鑑賞会詳細】

5月9日(金)
ミュージアム・シネマ・サロン
『大いなる幻影』
(1937年/フランス/モノクロ/114分)。完全予約制。

監督:ジャン・ルノワール
脚本:ジャン・ルノワール/シャルル・スパーク
撮影:クリスチャン・マトラ
音楽:ジョセフ・コズマ
助監督:ジャック・ベッケル

出演:
ジャン・ギャバン
ピエール・フレネー
エリッヒ・フォン・シュトロハイム...他

会場:飯田市川本喜八郎人形美術館(飯田市本町1)

時 間:午後7時 開場
午後7時20分 映画『大いなる幻影』上映<BRディスク上映>
午後9時25分 終了

完全予約制<資料代:300円 *不要な方は予約時にお申し出ください *イイダウエーブ会員は資料代は不要です>

〜鑑賞には予約が必要です:予約受付窓口TEL:0265-21-1212(イイダウエーブ事務局<飯田まちづくりカンパニー内>)〜
※川本喜八郎人形美術館では予約の受付をしておりません

予約受付期間:5月9日(金)午後3時まで
--------------------------

 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://cinema.iidawave.org/trackback/66

トラックバック

▲top