Cinema Wave IIDA

映画好きのコミュニティを活かした、映画・人との出逢い。飯田下伊那の新たなシーンを演出します。

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 1月10日(金)ミュージアム・シネマ・サロン『明日を夢見て』 | TOP | CinemaWave☆5/9『大いなる幻影』ミュージアムシネマサロン予約受付開始 >>

2014.03.05 Wednesday

3月14日ミュージアムシネマサロン『恐怖の報酬』

3月14日(金)ミュージアムシネマサロン予約受付を開始しました。

***[情報]******************
来たる3月14日(金)、市民団体イイダウエーブと飯田市川本喜八郎人形美術館が主催する映画鑑賞会ミュージアム・シネマ・サロンの2013年度の第9回が、川本喜八郎人形美術館2階映像ホールで午後7時20分より開催される。上映作品はアンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督の『恐怖の報酬』(1953年/モノクロ/148分)。完全予約制。

第二次世界大戦後のフランス映画界で最も注目を集めていた監督がアンリ・ジョルジュ・クルーゾーです。彼は、『犯罪河岸』(1947)、『情婦マノン』(1948)で2年立て続けにヴェネチア国際映画祭で監督賞とグランプリを獲得しています。この彼の人生で最も勢いがある時期に満を持して発表した作品が今回上映する『恐怖の報酬』(1953)です。この映画では、ニトログリセリンを満載したトラックで悪路500kmを進むという、無謀な賭けにでた男達を描いています。手に汗握るハラハラドキドキの映画に仕上がっていますが、重要なのはそうしたサスペンスの背景にしっかりとした人間ドラマを作り上げていることでしょう。細部までこだわった演出はまさに映画の醍醐味を味わせてくれます。この映画でクルーゾー監督はカンヌ国際映画祭とヴェネチア国際映画祭でグランプリをダブル受賞するという快挙を成し遂げています。

物語:
500km先の油井で起こった大火災を消すため、4人の男達がニトログリセリンの満載のトラック2台で悪路を進む。そこには想像を絶する難関が待ち構えていた。

----------------------------------
監督:アンリ・ジョルジュ・クルーゾー
脚本:アンリ・ジョルジュ・クルーゾー
撮影:アルマン・ティラール
音楽:ジョルジュ・オーリック

出演:イブ・モンタン
シャルル・バネル
ペーター・ファン・アイク
フォルコ・ルリ
ヴェラ・クルーゾー
----------------------------------
【映画鑑賞会詳細】

3月14日(金)
ミュージアム・シネマ・サロン
『恐怖の報酬』
(1953年/モノクロ/148分)。完全予約制。

会場:飯田市川本喜八郎人形美術館(飯田市本町1)

時 間:午後7時 開場
午後7時20分 映画『恐怖の報酬』上映<DVDディスク上映>
午後9時50分 終了

完全予約制<資料代:300円 *不要な方は予約時にお申し出ください *イイダウエーブ会員は資料代は不要です>

〜鑑賞には予約が必要です:予約受付窓口TEL:0265-21-1212(イイダウエーブ事務局)〜

※川本喜八郎人形美術館では予約の受付をしておりません


予約受付期間:3月14日(金)午後3時まで
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://cinema.iidawave.org/trackback/65

トラックバック

▲top