Cinema Wave IIDA

映画好きのコミュニティを活かした、映画・人との出逢い。飯田下伊那の新たなシーンを演出します。

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 1月13日(金)『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』予約開始 | TOP | 3月9日(金)『断崖』ミュージアムシネマサロン予約 >>

2012.01.30 Monday

2月10日ミュージアムシネマサロン『鏡』予約開始

2月10日(金)ミュージアム・シネマ・サロン予約受付中です。



●2月10日(金)ミュージアム・シネマ・サロン
      「鏡」(1974/ソビエト/カラー/102分)
       監督:アンドレイ・タルコフスキー 
       主演:マルガリータ・テレホワ/イグナート・ダニリツェフ...他
        DVDプロジェクター上映
 

さんの絵文字ミュージアム・シネマ・サロンさんの絵文字

(主催:市民団体イイダウエーブ・飯田市川本喜八郎人形美術館)
<完全予約制>
予約受付:現在予約受付中〜2月10日(金)午後3時
定員:40名
会場:川本喜八郎人形美術館2階映像ホール
受付窓口:イイダウエーブ事務局(飯田まちづくりカンパニー内)
電話:0265-21-1212
資料代:一般=300円,イイダウエーブ会員=無料
開場:午後7時
開演:午後7時20分



【解説】
毎年、2月のミュージアム・シネマ・サロンでは、普段あまり観ることがないであろう個性的な作品を上映している。今回上映するのは、極めて個性的な映画を作り続けたアンドレイ・タルコフスキー(1932-1986)の自伝的作品『鏡』。彼の経歴の中で『鏡』は、よりイメージ的な作風へ移行して行く転機になった作品である。炎・水・風といった、彼が好むモチーフがこの作品からふんだんに用いられるようになった。物語のベースとなったのは、タルコフスキー自身の深層心理。母と妻との記憶をベースに、時間も場所も錯綜し、イメージが物語を構築していく極めて希な映画となっている。
なお、この作品はソビエトでは体制に対する批判的な作品と捉えられ、国内でほとんど上映されることはなかった。


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://cinema.iidawave.org/trackback/35

トラックバック

▲top